2015年度のねぷた制作スケジュール

2015年度のねぷた制作スケジュール はコメントを受け付けていません。

KICX1036

今年の桜は、ずいぶんと早そうですね。

弘前ねぷたまつりまで4か月となりました。

例年、うちの団体は6月初旬から制作作業を始めておりましたが、

今年はかなり早めに、明日4月1日から作業を開始します。

とはいえ、昨年のねぷた小屋での制作開始時期は変わらず6月初旬です。

2か月間は、某所にある第2ねぷた小屋で制作を進めます。

制作期間を長くしたのは、情報共有をじっくりしっかり行うことが第一の目的です。

 

今年の本ねぷたの題材は、歌舞伎十八番より「暫」です。

弘前城の改修工事が進められていることを受けて、

弘前城を構図に取り入れる予定です。

また、ここ数年用いている特殊塗料を用いて、完全防水コーティング加工にチャレンジします。

上手くいけば、雨天時のビニールシートが不要となります。

さらには、ここ数年運行していた乳幼児が搭乗できる前灯籠、

通称「Babys」をリニューアルします。

我が団体では、少子化なんてどこ吹く風ってなもんで、

ベイビーブームなんです(●^o^●)

というわけで、搭乗人数を増やし、安全対策も万全にしたいと思っています。

太鼓を搭載する台車も、人形ねぷたの技でもっと華やかにデコレーションしたいと考えています。

とまあ、チャレンジしたいことがたくさんあります。

 

新しい弘前ねぷたまつりに向けて、制作・運行とパフォーマンスを高めていきたいと考えています。

安全対策を万全に構築した上で、パフォーマンスを高める。

その緊張感から得られる充足感こそ、新しいまつりに臨む我が団体のカギを握ると考えています。

 

LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

中川俊一 執筆コラム

uso1 waza1
ページ上部へ戻る