組ねぷたクイズ第22問ー解答

組ねぷたクイズ第22問ー解答 はコメントを受け付けていません。

答え:○

つまり、昨年の参加団体数は82団体なので、約14,6%の団体が、組ねぷた様式でねぷたを制作している。

本ねぷたで制作している団体数で言うと、5%を割り込んでしまう。

(いずれのデータも、主催団体のものを引用している。)

組ねぷた様式は、今から200年ほど前、江戸時代の文化・文政年間の頃に考案されたと推測されている。

(ちなみに、扇ねぷた様式の考案は明治時代と推測されている。)

組ねぷたと扇ねぷたは、その形状の違いはもちろんだが、

制作プロセスに大きな違いが存在する。

関連記事

「組ねぷたの技と力」

LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

中川俊一 執筆コラム

uso1 waza1
ページ上部へ戻る