組ねぷたクイズ第11問ー解答

組ねぷたクイズ第11問ー解答 はコメントを受け付けていません。

答え:✖

ねぷたは内部に照明が設置される。つまり、発光する立体造形である。

発光体は、通常の物体と異なり、陰影が生じないため、形状の認識がしづらい。

これを補って、影の部分などを描写するのが、墨入れ(書き割り)の技法である。

よって、細く目立たなくではなく、太く目立つように描写される。

これは技法的に、アニメの輪郭線や、歌舞伎の隈取の化粧法にも通じる技である。

昨今は、内部の照明の明るくなっているので、墨線がより太く描かれている。

発光体における墨=黒=影の描写は、存在感が際立ち、組ねぷたの出来具合を決める重要な技であると言われている。

 関連記事

ねぷたに墨を入れる謎

 

LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

中川俊一 執筆コラム

uso1 waza1
ページ上部へ戻る