組ねぷたクイズ第5問ー解答

組ねぷたクイズ第5問ー解答 はコメントを受け付けていません。

答え:✖

組ねぷたの骨組みの材料としては、針金の前は細く割いた竹材を用いていた。

組ねぷたの様式が考案される前は、角灯籠が作られていたが、この材料として木材が使われていた。

角灯籠の様式から、組ねぷたの様式が考案されるきっかけとなったのが竹材の普及ではないだろうかと推測される。

つまり、竹材を用いる「ちょうちん」や「竹細工」が、

今から200年前、江戸時代文化・文政年間の頃にか、その直前あたりに広く民間に普及したのかもしれない。

しかし、資料も無くタイムマシンも無いので、この辺りは推測しかできない。

LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

中川俊一 執筆コラム

uso1 waza1
ページ上部へ戻る