第8回 「紙貼り」―人形ねぷたを象徴する作業―

第8回 「紙貼り」―人形ねぷたを象徴する作業― はコメントを受け付けていません。

「紙貼り」は、組み上がった骨組みに一枚ずつ厚手の和紙を貼ってゆく
作業である。昔は、奉書紙をでんぷん糊で貼り付けていたけれども、
今では、木工用のボンドで化学繊維入りの和紙を貼り付けている。
紙の貼り方の手法はそれぞれの地域や団体によって異なっている。
弘前では、骨組の方にボンドをつけていくが、五所川原では、和紙の方に
ボンドをつける。また青森では、主にカッターや剃刀を用いて紙を切る。
このような多様な紙貼りの手法は、それぞれに試行錯誤が繰り返されて
きた結果であろう。

この「紙貼り」という作業は、人形ねぷたの制作作業の中で、一番手間と
時間がかかるもので、その作業量は、全体の作業量の過半数を占める。
つまり、人形ねぷたの作業は、その半分以上が紙貼りということだ。
そして、「紙貼り」には、もう一つ特徴がある。それは作業がさほど
難しくないということだ。
一度やり方を覚えれば、誰でも作業に参加できるのだ。
言い換えれば、人形ねぷた制作の作業の半分以上は、特別な技術を
必要とせず、誰でも参加できるということだ。

実は、人形ねぷたの制作は、「紙貼り」のように子どもたちでも
参加できる簡単な作業から、「骨組み」のように習得に何年もかかる
難しい作業まで、作業の難易度の幅を持っているのである。
その幅は、そのまま作業に参加できる人の幅となっている。
人形ねぷたは、子どもから大人まで、皆で作ることができるねぷた
なのである。

ちなみに、私が、初めて人形ねぷたの制作に参加したのも紙貼りの作業で、
小学校5年生のころだった。たったの一枚しか貼れなかったけれども、
作業に参加できたことがとても嬉しかった。
その嬉しさの余り、私は自分が貼った和紙の裏に名前を書き、祭りが
終わってから、その和紙を切り取り、家に持って帰った。
作業に参加する一人一人の小さな喜びが集まって、ねぷたは作られるの
だと私は思う。
次回は、台座部分の絵の制作について述べてゆく。

LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

中川俊一 執筆コラム

uso1 waza1
ページ上部へ戻る