第11回 「蝋引き」―独自の技とその精神性―

第11回 「蝋引き」―独自の技とその精神性― はコメントを受け付けていません。

墨入れが終わり、人形ねぷたの輪郭が次第に見えてくると、次に行うのが、
蝋引きの作業だ。蝋を熱して溶かし、和紙に引いていくのだけれども、
それに適した温度は、おおよそ130度ほどとかなり高温で危険が伴う。
蝋の溶かし鍋をひっくり返そうものなら、軽いやけどでは済まされない。
特に子どもたちには注意が必要だ。

また、熱しすぎると、発火する危険性もある。蝋は主成分が油なので、
水をかけると火勢が増し、火事にもなりかねない。
万が一の対策を講じておく必要がある。
このように、危険を伴う蝋引きの作業だけれど、この「蝋」はねぷたに
とって必要不可欠な存在だ。

前回「墨」が闇を作ると説明したが、逆に、蝋は和紙の裏表に浸透し、
内部の照明の光を透過させる。
つまり、ねぷたをより明るく見せるのだ。「ボンテン」と呼ばれる
ねぷた表面に施された点描が、この効果を生み出している。
蝋の効果はこれだけではない。墨線に沿って蝋を引くことによって、
ただでさえ目立つ墨を、より際立たせる効果も持つ。

そして、蝋の最大の役割は、「色止め」である。
この効果によって、前々回に述べたように、色付けの作業が、簡単に
誰でも参加できるものになる。
ねぷたはその大部分が、蝋で囲まれた一つの区画に色を一種類しか用い
ない。
わかりやすく例えれば、人形ねぷたの着物の帯が「紫」で、上着が「黒」
そしてその模様が「赤」といった具合にだ。

それぞれの区画は蝋で色止めが施されているため、色がにじみ出し、
隣の色と混ざることはない。だから、色付けは難しくないのだ。
「でも、ぼかしと呼ばれるグラデーション技法は、難しいでしょ。」
と思った方が多いと思う。そんなことはない。その辺は次回の「色付け」
で説明しよう。

このように、蝋が入ることで、ねぷたは美しくそしてまた作りやすくなる
わけだが、その反面、先に説明した危険性のほか、完成したねぷたが発火
しやすくなるという危険も伴う。
そんな「蝋引き」の技法に、ねぷた祭りの起源である「眠り流し」の精神性
が、今なお息づいていることを感じる。

LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

中川俊一 執筆コラム

uso1 waza1
ページ上部へ戻る