浅草ねぷたの奇跡 第4回 「担い手」

浅草ねぷたの奇跡 第4回 「担い手」 はコメントを受け付けていません。

imageimage

今回は、浅草ねぷたの担い手について説明しましょう。

我々の団体では、ねぷたの制作と運行を担当しています。

 

しかし、浅草ねぷたのような大きな事業を担うには、我々の団体だけでは大変です。

今年から、弘前ねぷた参加団体協議会を通じて、

様々なねぷた団体にも呼びかけを行い、浅草ねぷたに参加して頂きました。

我々の団体のほかに、6つのねぷた団体の方々が参加しています。

 

浅草ねぷたという緊張感のある現場を共有することで、

ねぷた団体を越えた友好の絆が育まれています。

浅草ねぷたは、ねぷた団体の情報共有の機会としても捉えることが出来るんです。

 

さらには、うちの団体の人的ネットワークを最大限に使って、

専門的技術者の方々にも参加して頂きました。

演劇の舞台監督、大道具、大工、建築士、アーティスト、みんな超一級の腕前です。

 

こうして、ねぷたを通して人と人の和が広がっていく。

ねぷたの醍醐味ですね。

 

それから、忘れてならないのが、子どもたちです。

弘前から子どもたちも参加しています。

でも、子どもたちの旅費は支給されないので、みんなで節約をして捻出します。

次代を担う子どもたちにも貴重な経験を積ませたいのです。

 

さらには、津軽地方出身関東在住の方々によって組織された

津軽ひろさき応援隊の皆様が50人以上参加して下さっています。

これに、浅草のまちの方や弘前市役所などの方々も加わります。

こうして、浅草ねぷたに集結した人員は総勢200人以上、老若男女、官民問わず、弘前在住も問わず、

唯一の共通する点は、「弘前ねぷたへの愛」だけ。

 

連なったねぷた灯籠は5台、隊列は150メートル。

スカイツリーを望む雷門通りで一直線に並ぶ様は壮観です。

なんだか、最高にうれしい瞬間なのです。

 

LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

中川俊一 執筆コラム

uso1 waza1
ページ上部へ戻る