昨日の夕方の出来事

昨日の夕方の出来事 はコメントを受け付けていません。

最近、うちの三才になったばかりの娘がトイレトレーニングを頑張っている。

しかしながら、やはり興奮すると我慢ができず、一昨日の夕方もウンチおもらしをしてしまった。

IMG_2179

そんな娘を、昨日の夕方、保育園に迎えに行き、雨の中、足早に家に入ろうとしたその時、

「バタバタッパタパタッ」と不思議な音が聞こえて、ふと振り返った。

すると、うちの庭の片隅で、小鳥がもがいている。

娘と二人、びっくりして遠目に様子を伺う。

どうやら飛び立てずに懸命にもがいているらしい。

そっと傍に寄り、娘と二人じっと観察する。

「お腹空いてるんじゃない?」と言う娘の無邪気な言葉に導かれ、

家の中から、白飯をもってきて、そうっと与えてみる。

全く食べない。

虫なら食うかと思い、庭でミミズを探し出し、与えても食べない。

もがくのにも疲れたようで、じっと雨の草むらにうずくまっている。

どうしたものか?

このまま、放置すれば外敵に襲われるのでは?

とりあえず、車から白いタオルをもってきて、そっと包み段ボール箱に入れた。

スズメの二回りほど小さい。巣立ち間際の雛か?

タオルの中でジッとしている。

近くに巣があるのではと思い立ち、近隣を娘と二人探してみる。

見つからない。困った。

そうしていると妻が帰ってきた。

ネットで情報を調べてみる。

どうやらこの時期は、巣立ちの時期で、このようなケースで保護される小鳥がいるようだ。

なるほどなるほど。

ふと段ボール箱をのぞき込むと、その小鳥はタオルからはい出し、ぴょんぴょん跳ねていた。

なにげに、人差し指を差し出すと、ぴょんと乗った。

顔を近づけて凝視してみると、さっきまで濡れていた羽毛が乾いていた。

まつ毛のような毛がピンと立っている。

そのせいか、小鳥の顔はどこか凛として見える。

袖口に飛び跳ね、こちらの顔をキョロキョロ見ている。

ふと、私が空を見上げた瞬間、小鳥も向きを変え、空を見上げた。

次の瞬間、勢いよく小鳥は飛び上がった。

隣の家の窓枠に着地を試みるが失敗。しかし諦めずに、すかさず家の壁を蹴り下し、屋根の上まで飛び発っていった。

先程まで濡れた羽で、全く飛び上がれなかった小鳥が、たくましく飛び発っていった。

一瞬の出来事にしばし呆然。

心に広がる安堵感の次に感じたのは、何とも言えない晴れやかな気持ち。

最近、心無い邪気に当てられ、気持ちが塞ぎ込んでいた私。なんだか励まされた気がする。

「よし、頑張れる。」そんな気になれた。

今年も夏が来る。そして、ねぷたが来る。

前を、上を、向いていこう。

 

家に戻ろうと玄関のドアを開けようとして気が付いた。

袖口についた白いウンチ。

家族一同笑みがこぼれる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

頑張れよ。

お前のひたむきで凛とした横顔に、今一度学び直したことがある。

組ねぷたを作るのに、最も大切なこと。

それは、何があっても、「「「 決してあきらめない 」」」

 

さて、今年もいっちょドーンといきますかな(^。^)y-.。o○

 

 

LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

中川俊一 執筆コラム

uso1 waza1
ページ上部へ戻る