銀座・和光のショーウィンドウ制作で再認識できたこと

銀座・和光のショーウィンドウ制作で再認識できたこと はコメントを受け付けていません。

IMG_4577[1]

IMG_4579[1]

IMG_4570[1]

IMG_4593[1]

2015年の弘前ねぷたまつりが終わり、後片付けも一段落して、ほっと一息ついていたタイミングでした。

HPからの問い合わせメールが届きました。

それが、この銀座・和光のショーウィンドウ制作のご依頼でした。

 

東京の制作現場で再認識できたこと。それは、、、

『ねぷた=発光する立体造形の制作技法としての唯一無二の存在』

立体造形の制作には、様々な技法が存在しています。

しかしながら、”発光する”立体造形の制作技法は、極めて希有な存在です。

 

針金という線の材料で立体を形成する「骨組」の特性

内部照明を乱反射させ立体を均一に発光させる「和紙」の特性

明暗のコントラストを補正する「墨」の特性

これらの技法は、「発光する」という特性から生み出される「美しさ」を最大限に高めるためのものです。

 

今回のお仕事で、このことを強く再認識できました。

つまり、ねぷたの技法のさらなる可能性を感じることができました。

立体造形の制作技法として、どんなチャレンジができるか、

これからも追及していきたいと考えています。

 

 

LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

中川俊一 執筆コラム

uso1 waza1
ページ上部へ戻る